上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ大門町七夕祭りの当日がやってきてしまいました。
中村青年の家大道芸講座生のチーム、
その名も<ココロファミリー>のデビューパフォーマンスの日です。
(ココロファミリー…ちょっと照れますが…生徒さん達で決めて下さったのです…^^;)
僕も相方も、自分のパフォの時よりもはるかに緊張していたかもしれません…

何しろ皆さんお仕事をされている方なので、
練習時間は一週間に一回、しかも一時間とれるかとれないか…
(実質、2時間くらいしか練習出来ず…)
しかも土壇場になってメンバーが入れ替わったりして…等など、
不安要素がてんこもりでした。

しかーも!今回はお祭りといっても、
ステージなどのようなにお客様が前もって集まってくれているような場所ではなく、
路上で一からお客さんを集めなくてはならない本格的な大道芸スタイルでパフォーマンスしなくてはなりません。

大道芸は、お客さんの気持ちを掴めてるのかそうではないのか、
シビアに分かってしまうもの…
人前に出てパフォーマンスをするのが
今日が初めてという生徒さん達はかなりプレッシャーに感じていたことでしょう。

でもなんとかして生徒さん達に「大道芸って、楽しい!!」と思ってもらわなくては!

けれどもこの日は空模様も怪しく、朝から雨が降ったり止んだりの繰り返し…
お祭り自体は雨天決行ということだったので、予定通り午後7時に会場に集合。
この時点で今にも泣き出しそうな空…
そして最終打ち合わせ中にとうとう、雨が降ってきてしまいました。
2回予定していたうちの1回目のパフォは断念せざるを得なくなってしまいました。

でもみんな一生懸命練習してきたのにこのまま中止になってしまうのは
あまりにも惜しい。
なんとか止んでくれ~と願っていると、本当に雨が止んだではないですか!
よし、今だ!とばかりにパフォーマンス開始です。

まずは僕と相方でご挨拶代わりのパフォ、するとお客さんが少しずつ集まって来てくれました。
次はいよいよ生徒さん達の出番です!
まずはみんなでバルーン。そしてボールジャグリングのチームのパフォが
始まろうとしたその時、再び雨が…
どんどん雨足は強くなり、もうこれは中断するしかないのか…
ところが、そんな状況でもお客さんは一人も帰らず、それどころか更に集まってきてくれたのです。

傘をさしつつ見てくれるお客さん、
「がんばれ~!」と応援してくれる子供達…

ディアボロチームの演技も無事に終わり、
最後の全員揃ってのフィナーレのバルーンの時には
ほんとにたくさんのお客さんが集まってくれて、
<ココロファミリー>のパフォーマンスに拍手を贈って下さいました。


僕は大成功だった、と思っています。
だってこの日の<ココロファミリー>のパフォーマンスは、
まさしく僕の理想とする<大道芸>だったからです。
短い時間でしたが、演者とお客さんがちゃんとひとつになっていたのです。

<ココロファミリー>の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
次は10月、青年祭でのパフォーマンスが待っています。
講座は8、9月とお休みですが、
また10月に皆さんと再会できるのを楽しみにしています!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kokoroll.blog39.fc2.com/tb.php/106-816b9f89
ディアボロディアボロとは、ジャグリングの道具の一種で、空中で回転させるタイプの独楽(こま)である。お椀を2個つなげたようなコマを、2本のハンドスティックに通した糸でまわすことにより安定させ、操る。中国ゴマと呼ばれているものも、同じしくみのものである。回し方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。